英検も受けてみる?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2回ほど立て続けにTOEICを受けて、495点となりましたが、どう頑張っても600点を超える気配がありません。

なので、長い目で見て、半年後に600点取ることを目標に、じっくり勉強を続けていこうと思っています。

しかし、マイルストーンがないとなかなかモチベーションは続かないものです。

なので、今度は英検でも受けてみようか……と、ふと思いました。

さて、そうなると何級を受けるかが問題です。

僕は英検は5級しかもってないのですが、さすがに4級受けるのは時間とお金の無駄な気がします。

TOEICの点数との相関をぐぐってみると、サイトによって書いてあることが様々でした。

ちなみに、下記のような感じです。

英検 TOEIC
サイトA サイトB サイトC
1級 870-970 955 945-990
準1級 740-820 713 785-935
2級 550-600 527 550-775
準2級 450-490 402 225-540
3級 291-299 377 120-215
4級 260-269 343 120-215
5級 100-259 346 120-215

こうして見てみると、とりあえず、2級を受けるのが無難かな、なんて思うワケですが、もう一つ問題が……。

英検受ける年齢層ってどんなもんなんだろう?(^^;

さすがに高校生ばっかりの教室におっさん一人ってシチュエーションは避けたい(T-T)

そして、これも調べてみるとこんな感じでした。

学生 社会人
1級 30% 70%
準1級 55% 45%
2級 85% 15%
準2級 90% 10%
3級 90% 10%
4級 90% 10%
5級 90% 10%

英検って学生のものって感じですね(^^;

結論として、社会人になったら、英検は準一級以上が無難ってとこですかね。

でも、2級も15%くらいは社会人なのか……。

受けようかな?

どうしよう?(^^;

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク